バンコクからチェンマイへ、今回私が利用した「VIPバス」を写真付きで紹介します。

こんにちは、32kiです🇹🇭

本日タイのチェンマイを離れ、ラオスのルアンパバーンに到着しました。
チェンマイでの毎日が楽しくて楽しくてほぼ一切パソコンに触れていませんでした、反省の嵐。旧正月の水掛祭りソンクラーンに2日連続で参加して楽しんできたので、後日最高に楽しんでる写真とともに更新します〜!

今回は、先日バンコクからチェンマイへの移動について!

バンコクからチェンマイへの移動は、バスや列車、飛行機など様々な方法があるので、今回はとりあえずバンコク行きの航空券のみ予約し、ゲストハウスにチェックインしてから決めようと思っていました。

という事で!到着して早々オーナーのこーせいさんに相談したところ、すぐに調べてくださいました!ありがとうございますー!!!!

と、ただ、やはりソンクラーンの時期、ということで乗りたかった寝台列車はやはり売り切れ😭陸路で景色を見ながら向かいたかった…!ただし直前でもそうにかなると思っていたのは甘かった…!列車移動で残っているのは、かっっったい椅子の、後ろに座席を倒すことが出来ないシートのみ、いや全然無理、ということで調べて提案してくれたのが、

「VIPバス」を利用した移動。

でした!

一等のVIPに当たる1番値段の高いものが、3列シートで後ろに座席を倒すことができて尚且つ軽食も出るという快適な内容…!20時発で朝の6時に到着するという長時間のバス移動にはなりますが、宿代が浮く上に、わたしは日本で安くて狭い4列シートに12時間近く乗っていられる女なので3列なだけで十分!

飛行機を検索していた際、5000円(1500Bほど)ちょっとの便があったためそれが最適かなと思ったんですが、金額的にも内容的にもこちらが間違いなさそうということで、即クレジットでバスを予約。

金額はおよそ「800B」

予約する際に利用したウェブサイトは、Thai Ticket Majorです。

(予約の際はクレジット入力画面まで操作してくださったので自分で予約はほぼしていないに等しいんですが、後日サイトを確認したところ英語表記もあり、非常にわかりやすい仕様になっていました:))

19時近くに乗車し、バスターミナルに着いたのは19時45分。
バスターミナルはモーチット駅から行くことができる「北バスターミナル」になります。多分間に合うけどヤバイヤバイ!と慌ててウェブチケットを見せてバス乗り場まで案内してもらいました…ありがとうございました(;_;)!

そして、乗車。

こんな感じ。三列シート。

何だかミニ◯ンを彷彿とさせるような座席。笑
青いヘッドレストが帽子に見えるわけです。

座席は背面がカプセルになっており、思いっきり座席を倒すと座っている座席部分がグググっと前に出るため後ろの座席の人に気を使う必要なし!フラットまでとはいかないものの十分寝ることができる程度には倒すことができるな、と。

そしてブランケット付き✨

何じゃこれ?と思いよく見ると、座席のアップダウン等のリモコンの説明でした。

お?

なにこれ?「MASSAGE FUNCTION」!?

ななななんと、マッサージチェア機能がついていました、
すごーーーーーい!ちゃんと動きましたよ〜!

出発前にお水もくれました、ありがたい。
そして渡されたこのカラフルで可愛い箱。

ぱかーん、あんぱんとシュガーラスクが入っていました。どちらも美味しい、バタバタしていてなにも買えなかったので助かりました〜軽食付きなところもはちゃめちゃにポイントが高い❤

底にはコーヒーとシュガー、お手拭き。

車内の前の方はこんな感じ、運転席裏のモニターで映画を流していましたが、もうねこれがうるさい!!!!(爆笑)ホームドラマならともかくだいぶ大きな音量で銃撃戦が行われるような映画流してるんです、バキュン!!!!バババババン!と銃声や爆撃が響き渡る車内、モニター正面の人うるさくてたまらなかっただろうな…( ◠‿◠ )

おそらく2時間おきごとにトイレ休憩を挟み、20時に出発して朝方の7時に到着。添乗員のお姉さんが着いたよ、と起こして回っていました。優しい〜。

快適な深夜バス移動でした〜!流石VIPバス!

と、こんな感じでした。寝台だと少し値段が高い、
あわよくば宿代が浮けばなあ、と考えている方、このバスありですよー!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング登録しています◎
よろしくお願いします!

余談なのですが、バスの乗り場は、BTSモーチット駅からタクシーで約10分ほど又は徒歩20分ほどとのことでしたが案の定渋滞。余裕を持った時間に駅に着いたものの、タクシーに乗ってからが地獄でした。マジで進まない。タクシーの運ちゃんに合ってる!?と話しかけるも、あまり英語が話せないようで、「モーチット」と言うんです。いやさっきの駅はモーチットだけど…!と、その時は焦りまくって全く理解できなかったんですが、もしかしたら「もうちょっと」って伝えたかったのかなあと思ったり。なんて言っていたか今となってはわかりませんが、もしそうだったら、ありがとうおじちゃん!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする