2018年・タイの旧正月水掛け祭り「ソンクラーン」にチェンマイで参加してきたよー!(GIF付き)

こんにちは、32kiです🇹🇭

タイの水掛け祭り「ソンクラーン」にチェンマイで参加してきました〜!

世界一周の日程を決める際には、実は「ソンクラーン」というものが何なのか知らなかったんです。偶然タイの滞在する日程にドンピシャで被ったんです!チェンマイにいるお姉さんにこの時期チェンマイに行くんです〜っと話したら「ソンクランでくるんですね!」と言われ、何じゃそれ?となり、そこでやっとこの水掛け祭りを知ったわけです。驚きのタイミング!

ばっちり参加してきました❤

ソンクラーン(SONGKRAN)とは?

ソンクラーン とはタイの旧正月のことであり、チャントラカティの新年。公式に4月13日から15日は祝日になってます。ということで毎年この3日間にソンクラーンは開催されています。

もともとは新年のお祝いであり、お清めを行う期間でした。けれど!どんどん形が変化していき、現在では新年と言うよりも祭りという色が濃くなってきているんです。そのため、日本では(タイの)水掛け祭りという言い方をしているんですって。(正直なところ恥ずかしながら私は詳しく調べるまでは単にこの時期に水掛け祭り、というイベントが行われているんだと思っていました)

あ、これが本来の水掛けなんだなあ思うような、器に入ったお水を手に取りぱしゃばしゃと控えめに掛けてくれる方ももちろんもいますよ〜✨これには思わず「コップンカー」と言いたくなりますが、かたや最早水攻め合戦です。というかこれがメインです笑

ちなみにソンクラーンの語源はサンスクリット語の「Sankrandhi」で、意味は「変化・移動」。(これは天文学的に太陽が白羊宮に入ることを意味するんだって〜おひつじ座〜🐑)


4月13日 初日のソンクラーン

今回は6泊滞在したチェンマイのゲストハウス「スローハウス」で偶然声を掛けてもらい、な、な、なんと、ピックアップトラックに乗り、参加させてもらえることに!わーーー!夢にも思ってませんでした!!!ワクワク。

このような荷台があるタイプの車、後ろに水の入った大きなバケツと水鉄砲、そして私たちを乗せて出発します。およそ8人ほど乗ることができます。

ということで、出発ーーー!

出発前から水鉄砲を撃ち合い、既にびしょびしょ。

トラックの荷台に乗るこの感覚、地元のおじいちゃんちで軽トラの荷台に乗って苗植えに行く感じを思い出してちょっと懐かしかった(笑)向かうはターペー門近辺のお掘りの周り。旧市街へ。

こちらから道を歩く人たちにがんがん水を浴びせることはできるけれど、向こうからしたらトラックやソンテウに乗っている人もまさに格好の的なわけです。旧市街が近付くにつれて水浴びが激しくなっていきます、楽しい。

道沿いに看板を持った人がたくさん現れます。屋台とは別に氷の販売も道沿いで行われているんです!50B、60Bなど様々、バケツに入ったぬるーい水をキンキンに冷やすために買います。どうしてキンキンに冷やすんだろうって少し考えたけど面白いから、以外に答えが見つからなかった。笑

うーーーんっ氷が入って綺麗、これがね超絶冷たい!

バケツで氷で冷やされたキンキンの水がガンガン浴びせられるんです。息止まりそうになるし思わず悲鳴が上がるけど、めちゃめちゃ冷えて気持ちいいです☼

うりゃーーーーっとどの方向からも水が飛んでくる!

さて、いよいよゲストハウスで入れてきた水がなくなったら、次はいよいよお堀の水で補充するわけです。お堀の水をせっせとバケツリレーします。

バケツリレーなんて何年振りにしたんだろう。笑
どっちの手で持っているバケツを左右どちらの人に渡すのかこんがらがったりわいわい。はい、補充完了!!!

かん、りょう、、、

きったない!!!!!!!!!!!!

驚愕。やばい。

お堀の水おそるべしです、私この日に初めて旧市街まで出たので「お堀の水は汚い、やばい」というのがイマイチピンときていなかったんです。目の当たりにしました。

ただ、もうハイになってびしょ濡れになり始めるとそんなことどうでもよくなります。本当になんでもよくなる。飛んでくる澱んだ水の色が分かるけどなんでもいい。(笑)

荷台組が隣同士すれ違おうものなら戦いが始まります。

どの写真も水飛沫だらけ。楽しそう。

トラックの荷台から歩いている人に水攻め。容赦なし。

距離感なんて関係なし!直接トラックやソンテウを襲撃。

おおよそ一周するのに二時間ほど。水がなくなって途中からただただ水をかけられ続けました、やり返す元気もなくなってくる。笑

そしてこれ。

これどこだと思いますか?川?

違います、 道 路 です。

これだけばしゃばしゃやってればこうもなります、水没レベル。
町中が気持ちいいくらいに水浸し。

(わかる人にだけわかってほしいんですが、ディズニーの夏イベントトロピカルサマースプラッシュとかびしょ濡れイベントが好きで、一日中地蔵できるタイプの人は確実に一日中楽しめます。町中リドアイル。ホース周りスプラーーーッシュ!タイプの人は必見です。トロスプが恋しい人は来年タイに来てください。笑)

4月14日 2日目もソンクラーンに臨む

そして!中日である二日目も参加してきました〜♥️
(長いですがパターンが違うのでぜひ引き続き読んでください笑)

二日目は旧正月を練り歩く、ということで水鉄砲と防水ケースを持ってレッツゴー。
ソンテウに乗り、旧市街まで向かいます✨

前日にはソンテウを見つけたら駆け寄って水を掛けていましたが、なるほど乗っている側は完全に逃げることが出来ないわけか〜こういう気持ちだったのね〜となるほど納得🙏窓が空いていればそこから浴びせられるバケツ水鉄砲攻撃、車内ビショビショ。

(ソンテウとは乗合可能なトゥクトゥクのような乗り物です。チェンマイのソンテウはほぼ赤の車体。街中色んなところで走っています!)

さて、外周を外れたところで通りで降ります。トラックの時と違い手元に水がありません、が、心配はいりません。道沿いで店の前に置いてあるバケツから貰うことが出来る場合がほとんどです!

ありがたい〜!!

ただし!

この際に水合戦は免れません(笑)

水場に近付こうものなら確実に狙われます。

しかも準備万端氷水なことがほとんど、バケツで頭から近々の水をかぶること数十回。寒い。人が通るたびに氷水を背中に流し込むお店のおばちゃんにみんなぎゃー!と絶叫しながら通り過ぎて行きます。

この男の子、無差別に延々と水ぶっかけてました。

水を汲もうとするたびに頭から延々とかけられるバケツの水。
めちゃめちゃ可愛いチルドレン。

道沿いに待機してソンテウが通ろうものなら、

うりゃ!

トラックが通ればバシャーーー!

とんでもなくカオスな状況になったのがこちら。

突如2階から姿を現してホースで水を撒いてきたおじちゃんと、地上から2階に向けて水鉄砲を撃つ人たち、下ではおばちゃんが通行人に向けてバケツで水を浴びせる。

こんな楽しいことがありますか?ありません、凄いぞソンクラーン。
この一見静かな通りでの水合戦とんでもなく楽しかったです。

大通りに出ようものなら水大戦争です。

総攻撃を受けて頭から水をかぶる、バケツ攻撃強い。

帰りもソンテウ。一瞬たりとも気が抜けません。笑

こんなに楽しい旧正月のイベントがあるなんて知りませんでした、必ずや来年も参加すると帰りの道中誓いました☺楽しすぎた〜。

ちなみにこのお祭り騒ぎは至る所で行われています。
ショッピングモールの正面や、ニマンヘミン通りにある「MAYA」という大きなショッピングモール前ではさながら大型屋外クラブのように鉄骨でセットが組まれ照明音響共にライブ並みにガンガン盛り上がっていましたよ〜。

 

写真は一緒にトラックに乗っていたみなさんのものを拝借させてもらい、あとはちょこちょこ自分のものを載せています☺︎💗ありがとうございます〜!素敵な写真たくさん!!

冒頭で、形が変わり水攻め合戦に、とかきましたが、信仰深い国と人柄、形は変わっても新年を祝う・新たな一年のために清める、という気持ちはきっと変わっていないんでしょうね✨この期間は水をかけられて怒る人はほとんどいません、街ぐるみでこの新年を祝うお祭りをみんなで楽しんでいる姿がとても印象的でしたよ〜!

チェンマイといえば昨今「コムローイ」が有名ですが、この新年を祝う「ソンクラーン」もとっってもおすすめです❤たくさんの情報と激しいこのお祭りを楽しむブログや記事が色々とあるので、ぜひ研究して来年のソンクラーンに臨んでみてくださーい!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング登録しています◎
よろしくお願いします!


トップのSNSアイコンからツイッターやインスタへのリンクがうまく貼れずに飛ぶことができないみたいなのでここにぽいっとします。世界一周中毎日1以上更新を目標に写真をアップしています!
リアルタイムでたくさんの写真をお届けしているので、ぜひフォローしてください:)

み ず きさん(@mm_32ki)がシェアした投稿

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする