偶然にもラオスの新年を祝うお祭「ピーマイ・ラーオ」を楽しむことができたお話。

こんにちは、32kiです🇱🇦

タイのソンクラーン最終日(4月15日)にチェンマイを離れて、空路でラオスにやってきた私。水掛け祭り楽しかったなーなんて思いながらラオスのルアンパバーンにやってきたら、

なんと、まだやってる 。

「あれ?ソンクラーンもう終わったよね?」と思っている私が乗っている空港から宿へ向かう途中のバンの中からの光景。俄然盛り上がってる。まるで水掛け祭りを追いかけてきた女みたいになってる、そんなつもりはなかった。笑

ラオスの水掛け祭りは「ピーマイ」というんですよー!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング登録しています◎
よろしくお願いします!


「ピーマイ・ラーオ」とは?

ピー=年、マイ=新しいで、新しい年。ラーオはラオス。
ラオスの新しい新年。このピーマイは、一年の中で最も盛大な伝統的な行事なんだそう。

旧暦で祝われるため、タイのソンクラーンとは違い毎年異なる日にちに行われます!
4月中旬に3日間行われるこの「祭り」、期間中は人々はお寺に参拝し、家庭ではお祝いの宴が繰り広げられます。そして、旧年中の悪いものを洗い流そうと水を掛け合うんです、ニュアンスはほぼタイと同じ、かな?

今年のピーマイは4月14日〜16日
(週末に被っているから振替休日があるのかなーどうなんだろう。)

まさに真っ只中に来てしまったわけです。水掛け祭りは既に全力で楽しんだ後だったため、余韻を残しつつゆったり過ごそうと思ったのに…複雑な気持ちがありながらも、「ラッキー!もっかい水掛けだー!」と自分を盛り上げました。笑

ラオスに到着した翌日、いわゆるメインストリートではパレードが行われていたんですよー!これはナイスタイミング!

た だ し

メインストリートというくらいです、濡れたくなくても濡れずに向かうことはほぼ不可能。とは言ったものの引き篭もるわけにはいかない。ということで、電子機器を盾にして向かうことに。これまさに諸刃の剣ってやつです。(なんとか途中までうまくいきましたが万が一思いっきりバケツで掛けられたら洒落にならないのでオススメしません笑)

手にはiPhone、首にはでっかいカメラ。

なんとこの作戦途中までは大成功、ですが屋台立ち並ぶメインストリートではこんな感じだったので諦めて濡れながら先に進むことにしました。チェンマイに引き続き再び水戦場。

この後めちゃめちゃ水かけられた。

戦いの後のツーショット。かっこいいぞ。

濡れ始めるともうどうでもよくなってくるものでパシャパシャと水を掛けられながら、教えてもらったパレードが始まる時間に道路脇に待機。待っていると、音楽とともに多くの人々が出てきました!

先頭を飾るのは美女3人、そのあとに続くラオスの国旗を掲げた旗を持つ列。

想像以上に壮大に執り行われているパレードに驚き…!

もちろん水掛けの最中、パレードの人々も遠慮なしに水を掛けられます。
法衣を被った僧の行列、そして楽器を勇ましく奏で、叩く姿は普段ではきっと見ることができないものだろうな、と祭日ならではの感動を味わえました〜✨

それぞれの団体のプレートを持ち、先頭を飾るのは美女だらけ。
水を掛けられてもニコニコ笑ってる子もいて、もーーーう最高に可愛くて癒されましたー!みんな可愛いー!!!この女性の後ろにいる男性、このボケ具合でもわかるくらい楽しそうでしょ?私もこんな顔してました。()

「LUANG PRABANG TIMELESS-」

ルアンパバーンの観光ガイドには、

「時代が止まった街 古都ルアンパバーン」

と書かれています、素敵だなあ。
この写真のプレートの表記は、時代を超えた街、永遠の都市、そういう意味合いでのマークと文言でもあるんだろうなあ、街中の案内看板にもこのマークが描かれてます。世界遺産登録とともに設置されたのかな、とか色々考えちゃいました。知らないこともわからないこともたくさんあって楽しい。

旧王都ルアンパバーンでは、お坊さんの他にも神様の首を手に聖なる動物に乗って街中をパレードすると見たのですが、私はみることができませんでした〜。タイミング逃したかなあ…。そしてもう1つ、このパレードには、日本の「なまはげ」に似たラオスの創造神プーニュとニャーニュが参加し、年に一度だけ姿をみせます。

…という記述を「パレード後」に読んだもので、パレード中に、わあ!なんだあのなまはげー!と思ったのみで写真撮ってなかった…がっくしとなっていたのですが、写真を探していたらちょろっとだけいました!めちゃめちゃ紛れてるけどこれ、これです!

ここです、ここ!!!

なまはげだ、、、

きっと彼らがプーニュとニャーニュ、なはず。笑

タイの水掛け祭りも楽しいですが、ラオスでも同様の水掛け祭りがあるんですよっ!バンコク、チェンマイを楽しんだ猛者はそのままラオスへ向かもあり、もしくは来年はラオスのピーマイに参加してみるとか!ありですよ!イベントごとがいくつか開催されているのでよりお祭り感を味わうことができますよ〜◎普段の表情とは違うラオスを味わうことのできる数日間でした〜。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング登録しています◎
よろしくお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする