ラオスから空路でベトナム・ハノイに到着!ふらふら町歩き。

こんにちは、32kiです🇻🇳

(リアルタイム、現在ベトナムのホーチミン!)

4月18日〜4月21日までの3泊4日、初のベトナムハノイでゆーったり過ごしました。

宿泊した宿は「EZ STAY HANOI」という日本人宿。

何から何までお世話になりました❤ここでハロン湾のツアー、オープンバスのチケット、すべて手配してもらいましたよー!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング登録しています◎
ポチッとしてくださることで、これ以上ない励みになります…!たくさんのタメになる旅ブログもたくさんあるので、ぜひぜひ覗いて見てください、よろしくお願いします!


18日の夜にハノイに到着、
ルアンパバーン最後の日に素敵な夕陽を空港で見せてもらいましたよ〜✨

そして翌日19日、ぶらりハノイ散歩をしてきましたよ٩( ˙ỏ˙ )۶

この日の目的は、

「ちゃんと宿から出る、ひきこもらない」
「ホアンキエム湖を一周する」
「噂のエッグコーヒーを飲む」
「カフェに行く」
「ベトナム名物バインミーを食べる」
「ハノイ名物ブンチャーを食べる」

こんな感じ!さあレッツゴー!

まず安心安全比較的高レートと宿で聞いた両替所へ。タイを抜けてからというもの、いままでの両替所でパスポート見せて、サインして、っていう至極丁寧安全そうな両替はどこいったの?ってレベルの簡単さ。

お金渡して、ほいってこっちのお金渡される感じ。お、おおおもう出ていいの?オーケーオーケー、、、レベル、楽だからいいんだけどびっくりする。

街を散策。

まさに「らしい」風景が広がっていて素敵。

ふらふらしていると「egg coffee」と書かれた看板発見。

「Giang Cafe」や「Cafe Pho Co」など、エッグコーヒーで検索するとよくヒットする有名店に行こうかなと思っていたのですが、このお洒落な外観とリスに惹かれて入店。こじんまりとした可愛らしい店内、迷わずエッグコーヒーを注文しました。

看板のリスかわいい。

たまごをハンドミキサーでギュインギュイン。

待つこと数分、出来上がりました。

きゃーーーんっ衝撃の可愛さ。

えっエッグコーヒーってこんな風に温めてでてくるんだっけ!?といくつか写真を見ていたのでちょっとびっくり。お姉さんが「温めて混ぜて飲んでね」的なことを言っていたので少し待ってからくるくるとスプーンでかき混ぜてから飲むと、これが意外と美味しい。たまごと練乳?コンデンスミルク?のような甘さとコーヒーの苦味が絶妙にマッチ。

他のドリンクメニューも豊富だったので、また行きたいなーと思えるお店でしたよー、満足満足。

このお店は「Melbourne」という店名、

Googleマップで調べてもヒットせず、MAPS MEでピンを刺したところも本当にここで合ってるのかあまりにも曖昧なので、多分ここだったかなーくらいのレストランの場所に仮でスポット設定してます。(なのでここではないです、参考程度にしてください…!><)

その後もハノイの街並みをふらふらと散策して、到着しました「ホアンキエム湖」

たくさんの人が散歩していたりベンチに腰掛けてゆったりしていたりと、いい雰囲気。

ホアンキエム湖は、過去に紅河が何度も氾濫を繰り返した際にできた湖の一つ。周遊1.8kmと、ジョギングやお散歩にちょうど良い距離で、まさに市民や観光客の憩いの場となっていました〜のどか〜。

そしてこの湖に立っている1つの塔。

この塔には伝説があるんです。

黎朝の初代皇帝が湖の宝剣を手にし、その剣によって戦いに勝利。その後平和になり、湖の上で金の大亀に持ち主である竜王に剣を返すように啓示され、湖の中心近くにある小島で剣を返した。そのため、還劍(ホアン・キエム)と呼ばれるようになった。小島にはその後、亀の塔 (Tháp Rùa) が建てられているんです。という伝説。

それがこの塔。

そんな伝説が残っているんですね。春っぽくパシャり。

実際にこの塔付近で大亀が生息しており、この孤島に上がり日向ぼっこをしていることもあったんですって。現在は療養中、らしい。笑

ぐるりと一周した後は、行きたかったカフェに。
(外観を撮り忘れてしまったー泣)

「Càfê RuNam」

(看板、マップには「RUNAM Bistro」と表記されています)

Wi-Fi完備、店内、涼しい、おしゃれカフェ。最高。

溜まりに溜まった下書きをひたすらまとめてゆっくりドリンクタイム。猛烈に可愛いフルーツティー、甘いほうが好きだけれどもノンシュガーにすればよかったかなってレベルの甘さ。(笑)

気付けばもう夕方。

帰りがけにバインミーでも買って帰ろうかなあと思っていると、偶然通りがけに「ハノイ大教会 (セント ジョセフ教会)」を発見!わー!日も落ちてライトアップされていてとても雰囲気がある、そして月がナイスポジション。

ゴシック様式の非常に大きな教会。綺麗です🌕

周囲では若者がダンスをしていたり、観光客がボールで遊んでいたりと、この付近はなかなかに賑わっていました〜。さて、と帰宅。路面のバインミー屋さんを見つけて、購入。こんな感じで豊富な種類が揃っているバインミー屋さん。もちろんここでもノーオニオン✨

ハノイは湖周辺に大きなスーパーや飲食店、カフェ、観光地が密集している感じもあり、ふらふらと街歩きしているだけでも充実した1日を過ごせました〜❤

当初の目的としていた、

「ちゃんと宿から出る、ひきこもらない」
「ホアンキエム湖を一周する」
「噂のエッグコーヒーを飲む」
「カフェに行く」
「ベトナム名物バインミーを食べる」
「ハノイ名物ブンチャーを食べる」

の6つはブンチャーのみクリアならず。ムムム。
なんせ暑いもので、ふらふらと店を探して歩いているうちに見事に食欲が失せていくんです。食べたい、味わいたい、という気持ちはあれど、食べなくて良いかあ…という気持ちになってしまう残念感。

結局ハノイにいる4日間ではブンチャーを食べることができませんでした。
くーっ暑さに負けてる!そろそろ慣れたいところ!
美味しいものたくさん食べるぞー!!!笑

ではでは今回はこの辺でっo(^▽^)o

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング登録しています◎
ポチッとしてくださることで、これ以上ない励みになります…!たくさんのタメになる旅ブログもたくさんあるので、ぜひぜひ覗いて見てください、よろしくお願いします!


余談ではありますが、ハノイ到着便とその夜のお話聞いてください。
なんとその便に「クアンシーの滝」で一緒に行動したブラジル人のレナタが!ルアンパバーンからハノイに移動するという話は聞いていたもののまさかここで再会するなんて!搭乗時に席に座っているのをお互い見つけて感動の再会。降下後に荷物をとるところで再会すると、ベトナム人の男の子と話しているレナタ。

レナタ(40代)とハリー(20代)、なんとなく3人で談笑していると(私ほとんど単語しか聞き取れないためほとんど笑ってるだけ)なんとハノイ市内中心部まで送ってくれるということに!

(ひとりだったらそんな怖くて危ない道は渡らないつもりでしたが、一緒にレナタがいたという安心感もありお言葉に甘えることに。これでも心配性の怖がりなので本当これは稀なケースです。笑)

まさにこれが読んで字のごとくレインボーブリッジでしょ!というカラフルでかわいらしい橋を渡り、約20分ほど掛けて市街地へ。私とレナタをホテルに送ってもらった後に再集合、ご飯を食べに行ったのですが案内されるままについて行くと、

明らかにクラブ街。笑
盛り上がりまくるストリート。

店の外に簡易的な椅子やテーブルを並べてそこでみんな楽しんでいたのですが、23:30になると突然警察が。どうやら決められた時間以降には、通りに店を出しているのは違法になるみたいでそれの取り締まりらしい。

ざわめく通りを見ていると突然私たちのテーブルを持ち上げて、さも「別に通りに店になんて出してませんよ」風を装うお兄ちゃん。そんなんでいいんかと思いつつもそのまま警察は通り過ぎて行ったのでした。ゆるゆる。

ハノイ1夜目から(私的に)なかなかハードめな夜を過ごしましたよー。笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする